ベジセーフの危険性

ベジセーフの危険性について調べてみると

赤ちゃんの離乳食作りや
アレルギーやアトピーの子が家庭にいるときは
できるだけ農薬や添加物を避けたいって思うのがママたちの気持ちだよね。

 

野菜や果物を洗剤で洗うわけにもいかないし、どうしよかなって悩むママたちのお助けグッズとして
今、注目されてるのが野菜洗いの専用水 【ベジセーフ】なんだ。

 

雑誌に載ってたから、どんなものか気になりネットで調べてみたら
??? なんで?  危険性・嘘・怪しいってならんでるよ。

 

何だか心配になっちゃって
2chとか、ツイッターを探してみたんだ。

 

 

・・・・・・・

 

 

でもね、危険性とか、嘘なんて内容につながる情報もクレームも特になかったんだよね。

 

よくよく考えてみると、、ベジセーフをしらべたママたち検索ワードらしいんだよね、これが。

 

農薬や有害物質に不安を感じたママたちが、
それを除去できるベジセーフって使ってみたいけど、
もしかして何か危険なものじゃない?嘘なんじゃない?って念には念を入れて検索したんだね。

 

 

ベジセーフを実際に使っているママたちの口コミをみても
皆さん、子供を思う気持ちがあふれていますもの。

 

 

たとえば、

 

アレルギー疾患のある娘に医師から添加物に気を付けるように言われました。
ベジセーフのおかげで、野菜や果物を安心して食べさせられるようになりました。
娘にとってはなくてはならないものです。

 

 

野菜が大好きな息子のために、無農薬野菜をと思っていますが結構高くて。
ベジセーフで農薬の心配なく、野菜が食べられるので親子ともども感謝してます。

 

 

1歳の子供のために購入しました。使い方もスプレーするだけなので簡単だし、
無色無臭なので使い勝手がいいです。

 

 

小さい子供がいるのでそのまま野菜や果物を食べさせるのが不安でした。
たいていのものに使ってますが、レタスにかけた時がびっくりでした。
おもちゃや手の届くところに除菌スプレーとして使っています。

 

 

など、ママたちの口コミはわが子を守りたいという思いでいっぱいです。

 

ベジセーフはそんなママたちが安心して使える野菜洗いの専用水として
期待に答えてくれているから、大評判なんだよね。

 

⇒ベジセーフについての詳細はコチラ

 

 

 

 

楽天やAmazonで買うよりも

ベジセーフは楽天やAmazonでも売ってたんだけど
できればもちょっと安く買えないかな?って思わない?

 

最安値は公式サイトなんだけど、
54%も割引してもらえる方法があるんだ。

 

それは、毎月お届けコースで申しこむこと。

 

定期コースの申し込みといっても煩わしい回数のお約束なんてなくて
いつでも辞められるから、初回をこのお値段で買ってあとは終わりにしても、
OKなんだよね。

 

しかも、20日間の全額返金保証までついているから、
我が家には合わないって思ったらこの制度を利用してもいいし。

 

ベジセーフを一度試してから使ってみたいって人は
公式サイトのこのコースで申しこんだ方がゼッタイお得だよ。

 

 

⇒ベジセーフのお試しはコチラ

 

 

 

99.9%が純水!それなのにこのパワー

 

ベジセーフは99.9%のほぼ水に近いアルカリ性水素水なんだ。

 

野菜洗いに適したPHの濃度で、ベジセーフの中のマイナスイオンが
プラスイオンの農薬や、ワックス 放射性物質にくっついて野菜からはがし落としてくれるんだ。

 

だからこすり落とすことも無く、素早く汚れを落とすこともできるんだね。

 

それにね、ベジセーフのPH濃度では微生物は生きていられないので
O-157サルモネラ菌や大腸菌などしっかり殺菌されるから
食中毒対策もばっちりなんだね。

 

 

水って言ってるけどやっぱりなんかはいってるじゃん・・
っておもった?

 

ベジセーフにはいっているのは炭酸カリウム

 

豆腐やこんにゃく 麺の冠水とかに普段よく使われる指定食品添加物なんだよ。

 

赤ちゃんの離乳食にも使われる豆腐にも使われているものだから口に入っても大丈夫なんだ。
だからベジセーフを除菌スプレーとしてとして赤ちゃんのおもちゃに使っても安心ってわけ。

 

農薬から放射能、除菌までできる魔法みたいなお水、ベジセーフをこの機会に試してみない?

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

ベジセーフで野菜をおいしく食べる

ベジセーフで洗ったり、スプレーした
野菜や果物はおいしくて日持ちがするって評判なんだけど

 

その理由はね。

 

ひとことでいえば、
ベジセーフは野菜についてるお化粧落としのようなものだってこと。

 

農薬やワックスが付いた野菜はお化粧をしているようなもの
化粧をした肌は呼吸ができずにどんどん酸化して乾燥していくでしょう。
野菜の場合もおなじなのね。

 

ベジセーフで野菜の表面のお化粧を落とすことで、
呼吸を始め、水分を吸収することになるから
野菜本来のみずみずしさを取り戻すんだね。

 

だからシャキシャキと野菜がおいしくなるんだ。

 

それに、ベジセーフにはほかのアルカリイオン水よりも
水素が多く含まれているから
野菜を新鮮なまま冷蔵庫で長持ちさせることもできるってわけ。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

 

 

使い方と様々な利用方法

ベジセーフの使い方は様々だけど
基本は  カンタン。

 

野菜にスプレーをすればいいだけなんだけど。

 

もうちょっと詳しく説明すると。
まず、野菜や果物にまんべんなく振りかける。

 

農薬やワックスなど、これは怪しいってものには
だいたい1分間くらいそのままにした方がいいみたい。

 

最後にベジセーフをふきかけた野菜や果物を流水で洗い流せばOK.。

 

ベジセーフはそのまま水に戻るから環境にも優しいんだよ。

 

お米には米全体ににスプレーをし、汚れた水を捨ててから
いつも通りにお米をといで炊けば終了。

 

お米の味もまるで新米みたいにおいしくなるんだ。

 

除菌スプレーとしても使えるから、
子供のおもちゃや身の回りのいろんなところに吹きかけさっと拭けばよし。

 

外出時にはアトマイザーに入れて持っていけば
様々な場面での除菌や消毒に使えるしね。

 

農薬から食中毒菌の除去。そして除菌スプレーとして
様々な場面で活躍するベジセーフがあればなんだか、安心できそうじゃない?

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

 

ベジセーフは洗剤でないということ

ドラッグストアやホームセンターで見かける野菜用洗剤じゃだめかしら?

 

野菜用洗剤もその多くは皮膚への刺激や
人体に害がないといわれてるけど

 

注意書きを読むとあれって思うことがあるんだよね。

 

肌が弱い人はゴム手袋をするようにとか
30秒以上しっかりとすすぐようにとか
飲み込んだらすぐに水を飲むなど処置をするように

 

なんてかかれてるものもあって全然無害じゃなさそう。

 

それに、キャベツやレタスなんかの奥の方に入り込んだら
落とせないんじゃないってことも不安になるよね

 

ベジセーフは野菜洗いの洗剤でなく
専用水なので、まずはそこから別物。

 

万が一口に入っても
野菜にそのまま残ったとしてもなんの心配はあません。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

 

日本の農薬事情はちょっとヤバい・・いやかなりヤバいかも。

ベジセーフの購入を考えているって時点で
野菜や果物の残留農薬や
有害物質に脅威を感じてるってことだろうけど

 

あえて言わせてもらうと
日本の野菜や果物はかなりヤバいです。

 

欧米人から日本の野菜は汚染物扱いされているくらい
日本の農薬使用量はトップレベルなんだよね。

 

これは日本の高温多湿の環境では虫が発生しやすいこと、
また 農家の人手不足から農薬の力を借りざるを得ないことが
理由なんだけど。

 

農薬の問題はそれだけじゃなく
雨で農薬が洗い流されないようにと使われている
「展着物」の存在。

 

これはノリのような役割で農薬を野菜に塗りつけているから
ますます水では落とせなくなってしまいさらに厄介なんだね。

 

ベジセーフはこの展着剤もちゃ〜んと落としますから・・・ね。

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ